子どもが教えてくれたこと
自分も頑張らないといけないと思いました。
子どもが教えてくれたこと
実際に難病でお子さんを亡くされている監督だからこそ撮れる映画だと思いました。
子どもたちが自分の病気をしっかりと理解して一生懸命に生きてる姿が素晴らしかった。
子どもが教えてくれたこと
ドキュメンタリーですが暗くなく、フランスの手厚い看護が見られて
とても勉強になりました。子どもはどの国であってもかわいく純粋です。
子どもが教えてくれたこと
子どもたちの笑顔そして彼らの言葉、行動一つ一つが胸に響きました。
自分の幸せは自分で作るそんな彼らの姿に、たくさんのことを教えてもらいました。
子どもたちの生きる姿にただただ感動。自分の生きることへの姿勢を正された感じです。
子どもが教えてくれたこと
命の長さではなく、今を生きること。
子どもでも病気を理解して前向きに楽しんでいることに、
感動という言葉では表現できないくらい心に響きました、
子どもが教えてくれたこと
自分で幸せになれる、教えてもらえたことに感謝です。
フジコ・ヘミングの時間
涙、涙の大感動でした!
 Copyright (C) 2003 Cine Switch Ginza / Hata Cinema Co., Ltd