オンラインチケット購入
カミングスーン1
11月1日より
映画で旅する自然派ワイン ジョージア、ワインが生まれたところ Our Blood Is Wine
監督: エミリー・レイルズバック
キャスト: ジェレミー・クイン
製作国: アメリカ
配給会社: アップリンク
上映時間 78分
英語、ジョージア語
公式ホームページ
世界無形文化遺産に登録された、伝統製法の希少なワインづくりを追う。
ワイン発祥の地ジョージアから最古にして最新の味わいをお届け

紀元前6000年に遡る世界最古のワイン醸造の起源を持つジョージア。2013年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されたクヴェヴリ製法は、素焼きの壺を土の中に埋め、ジョージア固有のブドウ品種と野生酵母により発酵・熟成するワインの醸造法であり、その新しい味わいに今、世界から注目が集まっている。
かつてはどの家庭でも作られていたこの伝統製法のワインは、ソ連の占領とソ連式大量生産による品種削減や禁酒法などの影響により、現在は極めて少量しか作られていない。本作は、逆境に立ち向かいながら「究極の自然派」と呼ばれるクヴェヴリ製法を守ってきた人々のドキュメンタリーである
上映時間
------
DCP上映
カミングスーン2
11月1日より
映画で旅する自然派ワイン ワイン・コーリング Wine Calling
監督: ブリュノ・ソヴァール
キャスト:
製作国: フランス
配給会社: クロックワークス
上映時間 90分
フランス語
公式ホームページ
ワインも人生も“ナチュラル”に楽しもう!

南フランス、ルーション地方。自然派ワインのパイオニアともいわれるジャン・フランソワ・ニックの元には、同じく自然派のワイン造りに取り組む者たちが集まってくる。彼らは常に情報交換をし、必要な器具を貸し合い、収穫に人手が足りなければ助け合い、ワイン造りを行っている。早朝から汗を流して働き、家族とともに食事をとり、夜は仲間たちと楽しくワインを飲む。自然と向き合うことは苦難の連続だが、「必要以上にお金を稼ぐ必要はない」「納得できるワインを届けたい」と彼らはそんな苦労をものともせず、ナチュラルに、大いにワイン造りと人生を楽しんで生きている。生産性を追い求めることなく、どんなに手間がかかろうとも、体と地球に優しいワインを作り続ける彼らの姿は、忙しく働く私たちに人生で大切なものは何かを問いかける。
上映時間
------
DCP上映
カミングスーン3
11月1日より
NO SMOKING
監督: 佐渡岳利 
キャスト: 細野晴臣/ヴァン・ダイク・パークス/小山田圭吾/坂本龍一/高橋幸宏/マック・デマルコ/水原希子/水原佑果/ ナレーション:星野源
製作国: 日本
配給会社: 日活
上映時間 96分
公式ホームページ
細野晴臣 50周年記念ドキュメンタリー

1969年のデビューから、今年で50年を迎えた音楽家・細野晴臣。近年ではカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『万引き家族』の音楽を担当し、国内だけでなく世界中のアーティストからリスペクトされる生けるレジェンド。そんな細野晴臣に迫る唯一無二のドキュメンタリー映画が遂に始動します。
幼少期の音楽との出会いを皮切りに、「はっぴいえんど」「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)」での活動、そしてソロとしての音楽活動など、細野晴臣の足跡をたどることができる作品になっています。
上映時間
------
DCP上映
カミングスーン4
12月6日より
私のちいさなお葬式 Карп отмороженный
監督: ウラジーミル・コット
キャスト: マリーナ・ネヨーロワ/アリーサ・フレインドリフ/エヴゲーニー・ミローノフ/ナタリヤ・スルコワ/セルゲイ・プスケパリス
製作国: ロシア
配給会社: エスパース・サロウ
上映時間 100分
ロシア語
公式ホームページ
本当に必要なのはお気に入りの料理と音楽、そして家族への愛

73歳・元教師のエレーナ。
ロシアの小さな村で、気心の知れた友人と大好きな本に囲まれ充実した余生を送っていたが、突然の余命宣告!
都会で働くひとり息子に迷惑かけまいと、自分で自分のお葬式の準備を始める―!?
前売り情報
一般券1,500(税込)
ペア券2,800(税込)

マトリョーシカ型マグネットをプレゼント(限定数)

詳しくわ「お知らせ」まで
上映時間
------
DCP上映
カミングスーン5
12月13日より
再会の夏 Le Collier Rouge
監督: ジャン・ベッケル
キャスト: フランソワ・クリュゼ /ニコラ・デュヴォシェル
製作国: フランス・ベルギー
配給会社: コムストック・グループ
上映時間 83分
フランス語
公式ホームページ
「最強のふたり」のフランソワ・クリュゼ主演
名匠ジャン・ベッケルがタッグを組んで描く
終戦後のフランス版“忠犬”物語

1919年、夏の盛り―――。終戦後の平和が訪れたばかりのフランスの片田舎。第一次世界大戦の英雄で武勲をあげたはずのジャック・モルラックがひとけのない留置所に収監され、頑なに黙秘を続けている。この男を軍法会議にかけるか否かを決めるため、パリからやって来た軍判事のランティエ少佐は、留置所の外で吠え続ける一匹の犬に関心を寄せる。そして、モルラックを調べるうちに、農婦にしてはあまりにも学識豊かな恋人ヴァランティーヌの存在が浮かびあがり…。名もない犬が留置所から決して離れようとしないのは、忠誠心からなのか? 判事の登場は、真実を解き明かし、傷ついた人々の心を溶かすのか? 男と女は愛ゆえにすれ違ったという事実を認めることができるのか?
上映時間
------
DCP上映
カミングスーン6
1月31日より
母との約束、250通の手紙 La promesse de l‘aube
監督: エリック・バルビエ
キャスト: ピエール・ニネ/シャルロット・ゲンズブール/ ディディエ・ブルドン/ジャン=ピエール・ダルッサン/キャサリン・マコーマック/フィネガン・オールドフィールド
製作国: フランス=ベルギー
配給会社: 松竹
上映時間 131分
フランス語、ポーランド語、スペイン語、英語
公式ホームページ
フランスが最も愛した作家ロマン・ガリの自伝小説を映画化

思い込みが激しく負けん気の強いシングルマザーのニーナ。
彼女は息子のロマンがフランス軍で勲章を受けて外交官になり、大作家になると信じてその才能を引き出すことに命を懸けていた。母と共にロシア、ポーランド、フランスに移り住んだロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、幼い頃に母と取り交わした「約束」を果たすべく、いよいよ努力を惜しまないようになっていく。ニーナは、自由フランス軍に身を投じ病に倒れ生死の境目を漂うロマンの下へも、激励の手紙を送り続けた。
ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニーナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなくー。
上映時間
------
DCP上映
 Copyright (C) 2003 Cine Switch Ginza / Hata Cinema Co., Ltd